【マダミスJ】アイテムを見つけろ!『推理作家』の正しい立ち回り・役割

マダミスJ

ここではマーダーミステリーJ(マダミスJ)における『推理作家』の基本能力や立ち回りを紹介してます。マダミスJをプレイする時や部屋を作成するときなどにぜひ参考してくださいね♪




▼基本情報

重要度 ★★★☆☆
陣営 一族陣営
告発 初日からできる
召使い結果 犯罪者でない
 

勝利ポイント
(加点方式)

殺人犯と凶器の解明 10pt
すべてのアイテムを確認する 10pt
殺人犯を自ら告発する 10pt
殺人犯以外の犯罪者を自ら告発する 5pt×1名

推理作家は、毎夜他の部屋に侵入し、その部屋のアイテムを確認できます。しかし、そのアイテムが凶器かはわかりません。

また、立ち入り禁止の部屋に一度だけ侵入し、アイテムを確認することができます。

ただし、殺人犯と遭遇したら殺害されます。

 

▼勝利条件

一族が全滅する前に、真相解明により殺人犯と凶器を当てることができれば勝利です

ただし、①宝を盗んだ怪盗、②恋人2人、③一族を入信させた教祖、④証拠を発見した隠し子、が生き残っている場合は負けとなります。




▼ミッションとは?

推理作家はすべてのアイテムを見つけることでミッションを達成(=勝利したときのポイントが10点加算)することができます。

ただし、ミッションは直接勝敗には関係ありません。

ミッションを達成できなくても、一族陣営が勝利したときには、当然「推理作家」も勝利となります。

推理作家は、一族陣営の勝利を目指しつつ、より多くのアイテムを見つけましょう。

 

▼【重要】能力・役割の解説

立ち入り禁止の部屋に1回入れる。

立ち入り禁止の部屋には殺人犯の凶器がある可能性があります。(その前に共犯者が凶器を入れ替えている可能性もありますが…。)

立ち入り禁止の部屋に積極的に侵入し、凶器の可能性があるアイテムを見つけることで、一族陣営の勝利に近づくことができます!

★立ち入り禁止の部屋とは…夜の行動で殺害されたプレイヤーの部屋は「立入禁止」となり、それ以降他のプレイヤーはその部屋に入ることができない。

※マダミスJの用語集は、こちらから確認できます♪

 

毎夜他の部屋に侵入しその部屋のアイテムを確認できる。

立ち入り禁止の部屋に入らない時は、以下3通りの行動を参考にして見てください。

①アイテムがあると明かしたプレイヤーの部屋に移動する。
→アイテムの有無を確認し、そのプレイヤーが嘘をついていないかどうか確かめる。

②ノーアイテムと明かしたプレイヤーの部屋に移動する。
→1同様にアイテムの有無を確認し、そのプレイヤーが嘘をついていないかどうか確かめる。

ただし、アイテムを持っているのに持っていないというのは殺人犯の可能性があるのでこの方法は少し危険です。

③共有部屋に侵入し、アイテムを見つける。
→ただし、共有部屋にアイテムがあるとは限りません。




▼その他オススメ記事一覧

\マダミスJ 全31役職の能力・立ち回りなど徹底解説!【オススメ】/

↑ブログNo1人気記事【New!】

 

◆マダミスJの基本ルールや流れを知りたい方は、こちらを参考にしてください。◆

◆マダミスJ【専門用語集】◆

 

各役職の立ち回り・能力紹介
〈一族陣営〉

一族

客人

記者

元軍人

召使い

迷惑な召使い

双子の一族

警部

判事

私立探偵

迷惑な探偵

弁護士

女優

看護師

推理作家

華麗な一族

 

〈犯罪者陣営〉

殺人犯

共犯者

愉快犯

確信犯

知的な共犯者

囁く確信犯

囁く共犯者

連続殺人犯

黒医者

未亡人

 

〈その他の陣営〉

怪盗

逃亡の恋人

逃亡犯

教祖

隠し子

 




コメント

タイトルとURLをコピーしました